お年寄りの運転事故


朝から濃い霧に包まれた 松本平でした。

今日は、お年寄りの自動車運転について書きたいです。

最近特にお年寄りの運転で、ブレーキとアクセルを間違えた事故が多いですよね

自分も、数年前この店の前で悲惨な事故を目の前で見ました。

片道1車線の国道沿いなのですが、展示車の洗車をしていたら、渋滞で止まっている列の側道を

中学生くらいの男の子数人が、自転車で走った後ろを、うなりをあげた車が 学生を追っかけるように走って行き、

一人の学生を自転車ごと跳ね、駐車場に止まっていた車にぶつかって止まりました。

運転手は女性でしたが、よそ見をしていて 目の前で前の車が止まっていたので、慌ててブレーキを踏んだつもりが、

アクセルを踏んでいたようです。本人にしたら ブレーキを踏んでいるのに動いてしまうから、必死で思いっきりペダルを踏んでいたと思います。「なんで止まらないの?」「止まって 止まって」って必死だったと思います。

こんな事故、昨日も東京でありましたよね。

お年寄りは車を乗るな とは、言えません。特に田舎では、交通の便が良くありません。膝が痛いのに1キロ以上あるバス停まで歩けますか?

なので、最近の新車は、事故を起こしにくい運転アシスト付の車が 販売されています。

年寄りだから、新車なんてもったいない と思うのではなく、お年寄りだから新車にしましょうよ。

そして、事故を未然に防ぎましょう。。これは、ご家族の方も一緒に考えてもらいたいですね。

同居をしていて、いつでもどこにでも連れて行っているご家族の方は、いらっしゃらないと思います。

ましてや、同居しているご家族は少ないのではないでしょうか?

田舎に残したご両親の事を考え、車を取り上げるのではなくて、アシスト付の新車にしては如何でしょうか?

昨日の事故も、アシスト付のお車なら、防げた事故です。

アシスト過ぎる自動運転は 薦められませんが、アシスト付の新車を、考えませんか?

何年運転できるか分りませんが、メーカーの保証期間内の3年とか5年のリースで、

年金でも安心な 月々定額支払いで、後は燃料費と任意保険だけを考えて乗って頂ければ

ご家族も安心ではないでしょうか?


それでは。。